ゴム長靴の耐久度とお手入れ方法

2015年7月11日

ゴム長靴の耐久度とお手入れ方法

ゴム長靴が使用される現場

 ゴム長靴は、多くの現場で大活躍する便利アイテムになっています。

例えば、雨の日。大雨の日などは、靴では濡れてしまう事が多く、そんな場合は、ゴム長靴が重宝します。ゴム長靴を履く事で、脚を濡らす心配もなく、快適に歩く事が可能です。

 また、最近では、おしゃれなゴム長靴も多く販売されていて、お洒落を気にする女性でも気にせず履く事ができるようになっています。

 その他、ガーデニングや家庭菜園などを行う際でも、ゴム長靴は大活躍です。足元を気にすることなく作業を行う事ができ、とても便利です。

 そして、やはりゴム長靴が使用される事が多い場所と言えば、水仕事が多い現場ではないでしょうか。水産加工会社や魚屋さん。また、清掃作業を行う人などは、足元が濡れる事が多く、ゴム長靴を欠かす事は出来ません。ゴム長靴を履いて作業する事で、足元が濡れる事を気にすることなく、作業に集中する事が可能です。

 その他、田んぼなどで農作業する人にとっても欠かす事の出来ないゴム長靴。ぬかるみなどに入る事も多いため、ゴム長靴は欠かす事の出来ないアイテムになっています。

 このように、ゴム長靴は日常の生活においても重宝されるほか、足元が濡れるような仕事を行う現場においても欠かす事の出来ないアイテムになっているのです。

ゴム長靴の耐久度

 ゴム長靴でも商品選びを間違えると耐久度が低くなり、すぐに使い物にならなくなってしまう事もあります。例えば、継ぎ目がすぐに避けてしまい、そこから水が浸入してきたり、すぐに亀裂が入り使い物にならなくなってしまう事もあります。 その為、一概にゴム長靴の耐久度を示す事は出来ず、ゴム長靴によって、耐久度は違って来ると言う事が言えるのです。

 その為、ゴム長靴の耐久度を上げるためには、慎重に選び購入する必要があるのです。例えば、現場仕事などで使用する目的で販売されているようなゴム長靴の場合、一般的に市販されているゴム長靴より耐久度は高く、その分、価格も高い傾向にあります。言い換えれば、使用者がゴム長靴にどれほどの耐久度を求め、ゴム長靴の選び方も違って来ると思うのです。

 単にガーデニングの際に使用するだけなのか、それとも、仕事で毎日使用するものなのかによって、購入するゴム長靴を選ぶ事が大切だと言う事が言えるのです。一般的にゴム長靴の場合、価格と耐久度は比例すると言われ、価格が高いゴム長靴ほど耐久度が高いと言われています。低価格のゴム長靴の場合、使用頻度により異なってきますが3か月、長くて1年ほどが限界になっています。

ゴム長靴のお手入れ方法

 ゴム長靴の場合、手入れを行う事で耐久度を高める効果があり、日ごろのお手入れが重要になってきます。

 まず初めに、ゴム長靴を購入してすぐにケア剤を散布します。スプレータイプの物が一般的で、それを購入してすぐにゴム長靴に吹き付けます。そうする事で、ゴムを保護する事ができ、ゴム長靴の耐久度を高める事が可能になってきます。

 そして、履いた後のお手入れも重要です。ゴム長靴を履いた後は、汚れを直ちに落とすようにします。ゴム長靴の場合、簡単に布などで汚れを落とす事は可能ですが、もし落ちないようなら汚れ落とし剤の使用をお勧めします。そうする事で、無理なく綺麗に汚れを落とす事が可能です。その後は、臭いが気になる場合は、消臭スプレーを使用し、しっかりと乾燥させた後、乾燥材を入れて保管するようにします。

 これらは、雨の日などにゴム長靴を使用する人が主に行う手入れ方法であって、毎日、ゴム長靴を使用する場合は、毎回、このような手入れを行う事は難しいと思います。その場合は、とにかく乾燥させる事に気を付け、時には、メンテナンスを兼ねて以上のようなお手入れをする事をお勧めします。そうする事で、いつでも清潔でゴム長靴の耐久度もアップさせる事ができると思います。

ゴム長靴の商品一覧はコチラ

2015年7月11日 11:04  カテゴリー :長靴

関連する投稿はありません