疲れにくい祭り足袋の選び方を知って、お祭りをさらに楽しもう!

2015年6月26日

疲れにくい祭り足袋の選び方を知って、お祭りをさらに楽しもう!

祭り足袋とはどのような地下足袋なのか

 祭り足袋はお祭り用の地下足袋で、一般的な靴のようにクッション性が良く、疲れにくく、祭事場での歩きやすさを重視する足袋といえます。

 最近では底の部分にエアークッションが採用されているものも多く存在し、エアークッション入りの地下足袋は長距離の移動でも足が痛くなりにくいのが特徴で、とても人気があります。

 また地域によっては足袋と草鞋や、足袋と雪駄の組み合わせが推奨されることもあります。神輿の祭りのように激しく動き回る祭りの場合には、地下足袋を用いることが多いといえます。

 地下足袋は、底のクッションの質の差が価格に反映されているといえます。安価な地下足袋は底がゴム製で薄いものが多く、高価なものはエアー足袋と呼ばれるクッション性が高く、動き回っても疲れにくい点が特徴となっています。神輿を担ぐ人なら数千円前後の簡易エアー靴底タイプでも十分ですが、だんじりのような1日中固い路盤を走る人はクッション性が高いエア足袋などの地下足袋がおすすめです。

 購入の際は、色の指定やコハゼ数などの長さの指定がないかどうかを事前に確認をしておきましょう。祭り足袋は、お祭り用の地下足袋で、スニーカーのようにクッション性に優れており、疲れにくく、お祭りで歩きやすさ、動きやすさを重視する足袋といえますので祭りにはぴったりのおすすめ商品といえます。

お祭りで疲れない祭り足袋の機能と選び方

 お祭りで使用する祭り足袋は、歩いても疲れないように衝撃吸収性と耐久性に優れた機能をもつ足袋を選ぶことをおすすめします。スニーカーのようにクッション性が高い足袋は、1日中固い地面を走ったり、激しい動きをしてもしっかりと足を守ってくれます。また、耐久性にすぐれた祭り足袋は何度も繰り返して使えるため、長い目で見て経済的といえます。

 また、歩きやすさを重視して選ぶことも大切です。最近では足袋底にエアークッションの入ったタイプもあります。エアークッション入りの地下足袋は長い距離を歩いてもほとんど足が痛くならないために人気があります。

 また、お祭りの足袋を選ぶポイントとして、普段履いている靴より少し大きめのサイズを選ぶことも挙げられます。祭りで走ったり、歩き回ったりすると、どうしても足がむくんでしまいます。あらかじめ少し大きめのサイズを選んでおくことで、足がむくんだ時にきつくなるリスクを避けることができます。地下足袋はサイズが少し大きめでも、脱げてしまう心配はありません。

 したがって、お祭りで使用する足袋を選ぶ時は、衝撃吸収性と耐久性に優れた機能をもち、普段履いている靴より少し大きめのサイズの足袋を選ぶことをおすすめします。特に、1日中固い地面を走ったりするパフォーマンスを行う人は、動き回っても足が疲れにくいクッション性の高い、耐久性に優れた祭り足袋を選ぶと、少し高価でも何度何度も繰り返して使えるため、長い目で見ると経済的といえます。

祭り足袋のオススメメーカーの丸五と商品特長

 丸五の祭り足袋はクッション性が高く、動き回っても疲れにくい仕様となっています。丸五は大正8年の設立以来、90余年にわたり日本特有の履物である地下足袋を製造し、働く人々の足元を保護することをテーマにして足袋づくりを進めてきました。

 設立時の製造品目である地下足袋に加え、現在では、安全作業用品の専門メーカーとして安全スニーカーをはじめ各種作業用シューズ、長靴、作業用手袋等を提供しています。安全と安心を製品づくりをものづくりの核に位置づけて価値ある商品をタイムリーに提供しています。

 地下足袋の持つ履物としての独特の機能を健康・医療分野をはじめさまざまな分野に活かし、新たな商品群の開発を進めてきた技術をいかした製品づくりの技が足袋にもいかされています。

 だんじりのような1日中固い路盤を走ったりするパフォーマンスを行う人には、動き回っても疲れにくいクッション性の高い高品質な丸五の祭りエア足袋はおすすめです。足袋はメンズ、レディース、大きいビッグサイズなどに対応しています。

 祭りや町会によっては、足袋と草鞋や、足袋と雪駄の組み合わせが推奨されることもあります。そのような場合にも丸五の祭り足袋は品質に合った価格で提供され、幅広い選択を提供しています。

地下足袋の商品一覧はコチラ

2015年6月26日 15:34  カテゴリー :地下足袋

関連する投稿はありません