地下足袋をはくときに靴下を履かないのはどうして?

2015年9月2日

地下足袋をはくときに靴下を履かないのはどうして?

地下足袋は基本靴下を履かないもの

 地下足袋は、基本的に靴下を履きません。地下足袋は素足にフィットするようにデザインされているので、中に靴下を履いてしまうと、とても窮屈で足を圧迫してしまいます。また、親指と人指し指の箇所が二股に分かれているため、一般的な靴下を履いたまま地下足袋を履くのは困難です。

 地下足袋を素足で履くことで、底や内側の側面部分に足がしっかりとフィットして滑りにくくなります。

 また、靴下を履かない方が指先に力が入りやすくなり、より踏ん張りが強くできるようになります。本来は地下足袋は直接的に足をそのまま入れては履くという意味があります。

 地下足袋は、まるで裸足で歩いているかのように軽快に歩けるように作られています。底の部分から足首まで地下足袋全体が靴下のようにも見えます。

靴下を履かないとおこる問題

 靴下を履かないとおこる問題として、現在の靴は通気性が悪く、汗をかいても上手く発散できない構造になっており、どうしても靴の中に汗がこもってしまいます。
汗が上手く発散できなければ肌に炎症が起こることもあります。酷い人は水虫になってしまうこともあります。特に革素材や合成牛革などの通気性の悪いブーツやビジネスシューズ、スニーカーを履くことが多い人がなりやすい傾向があります。

 これらの靴はどうしても足と靴の間に隙間があまり無く、紐できっちりと縛ってしまうスニーカーにおいては、更に密封性が高まります。密封性が高い靴とは、どうしても靴の中に熱がこもり、より汗をかきやすい状態にしてしまうのです。革靴のソール部分は非常に汗の吸収性が低く、靴下を履かないと靴の中がベチャベチャになってしまい、滑りやすくなってしまいます。それを避けるためにも、靴下を履くことで、汗をほどよく吸収させ、滑りにくくできるのです。スニーカーにおいては内側部分が綿素材でできているものがありますが、素足のまま履くと汗が全てその素材で吸収することになります。なかなか靴下のように毎日洗えないだけに、それは臭いの原因となり、更にはスニーカー自体を傷めてしまう原因ともなります。

 靴下を履かないと、これらのトラブルが起きるのです。

もしも履くならどんな靴下が良いの?

 靴を履く時に選ぶと良い靴下は、素早く汗を吸収して早く乾く機能性がある、吸湿速乾性の高いものがおすすめです。靴の中というものは、驚くほどに多くの汗をかいているものです。冬場でもブーツやスニーカーの中は非常に温かく、汗をかきやすい状態になっています。

 そんな汗をしっかりと吸収することができて乾き易い靴下なら、より靴の中に汗がこもりにくくなります。そうなれば、体温で靴の中が更に温められたとしても、湿度が高くなることを防ぐことができます。より快適に歩くことができるようになりますし、足のコンディションも安定したまま靴を履けるようになります。

 更に、夏場は冬場よりも汗をかきやすい状態となり、靴の中は蒸れと熱で不快になります。そんな時に履くなら、接触冷感機能がある靴下が良いでしょう。
その靴下なら靴下が足にフィットした時に涼しさを感じさせることができ、通気性の悪い靴を履いても熱がこもりにくくなります。

 その他にも山登りに必須の機能としては防水加工が挙げられます。これは雨の日などの対策はもちろんですが、山登りの際には小川や水たまりなど思いの外足元がぬかるんでいる箇所が存在します。そうした不安定な地面では防水加工が必須となるので、地下足袋のタイプ選びでも抑えておく必須項目として知っておいて下さい。

 また、消臭機能がある靴下ならば、靴の中で蒸れても臭いを抑えることができます。歩くことが多い営業マンも使用している、つま先やかかとが補強してあるリブ編みの靴下も、地下足袋におすすめです。ハードな仕事やスポーツをする人なら、靴下の底の部分に衝撃吸収機能があるものを選ぶといいでしょう。

地下足袋の商品一覧はコチラ

2015年9月2日 09:30  カテゴリー :地下足袋

関連する投稿はありません