地下足袋をはいて地下足袋登山にチャレンジしてみよう!

2015年10月1日

地下足袋をはいて地下足袋登山にチャレンジしてみよう!

地下足袋登山のメリット・デメリット

 登山といえば春や秋の行楽シーズンによく行われますが、登山といえば登山靴でのチャレンジが基本と言われています。しかし近年では地下足袋登山と呼ばれる地下足袋を着用しての登山が人気となっており、地下足袋登山人口も徐々に増えつつあると言えます。地下足袋といえば大工などの職人が使用しているイメージが強いですが、実は非常に機能性に優れているため、登山での使用にも適している靴だと言えます。

 地下足袋登山の魅力は、地下足袋ならではの足裏に伝わる感覚と言えるでしょう。登山靴の場合、がっちりと強固な作りになっており、靴底も分厚くなっているため、足裏に地面の感覚が伝わりにくいと言えます。そのため、濡れていて滑る場所などの判断が非常に難しいので、登山靴で滑って転ぶという事故が多いと言えます。地下足袋のメリットとしては、足裏がゴム製で薄いため地面の感覚が伝わり易く、濡れた場所でもゴムが滑り止めの機能をしているので滑り難く身軽に移動することができます。

地下足袋登山に選ばれる地下足袋とは?

 地下足袋登山を行う場合に多くの人に選ばれている地下足袋といえば、通常の地下足袋も多く選択されていますが、地下足袋の裏にスパイクが装着されたものも人気が高いです。このスパイク付きの地下足袋の場合、通常の地下足袋よりも更に滑り難くなっており、足場の悪い登山道などでしっかりと地面を捉えることが可能となります。スパイクが付いていても足裏の素材はゴムですので履き心地はよく、スパイクで地面を捉えながらも地面の状態を足裏で確認できるため非常に使い勝手の良い地下足袋だと言えます。

 ただし岩場の多い登山道の場合には、スパイクが滑るということもありますので通常のスパイク無しの地下足袋と使い分けが必要な場合もあります。安全性を優先するのであれば、指先に安全のための芯が入った地下足袋もありますので、それを使用すれば石などが多い登山道でも安心して地下足袋登山ができるのではないでしょうか。また、登山では急な天気の変化が有りますので、防水加工の施された農業用、林業用の地下足袋を使用するのがベストだと言えますし、実際に登山での使用も多いそうです。

 祭り用の地下足袋は防水や安全性の観点から、登山には不向きな地下足袋だと言えます。

地下足袋登山をするのにおすすめな季節や山道など

 地下足袋登山をするのにおすすめの季節はやはり春から夏、そして秋までだと言えます。

 一般的に登山は冬でも夏でも行いますが、冬の登山の場合地下足袋での登山は非常に厳しいものとなりますし、薄い地下足袋で雪道を歩くのは寒さが厳しいと言えます。そのため、冬の登山には地下足袋は不向きとなります。春から夏にかけては景色も綺麗で冬のような雪もありませんので、寒さが地下足袋での登山を妨げることは有りません。雪解けのぬかるんだ地面も地下足袋で有れば問題なく歩けますし、まだ草木も生い茂っていない状態であれば地面の状態を確認しながら登山が楽しめると言えます。秋の場合も春と同様に地下足袋での登山に向いてる時期だと言えます。秋の場合も春同様に天気が安定していますし、雪が無いですので地下足袋でも問題ないと言えます。スニーカーなどで登山をしてしまうと枯葉などで足を滑らす危険がありますが、地下足袋登山であれば枯葉で足を滑らすこともありませんし、濡れた枯葉の上でも安定して歩くことが可能となりますので、秋も地下足袋登山に打って付けの季節だと言えるでしょう。

 歩く山道に関しては、出来るだけ岩や石がない山道のほうが足をぶつける恐れが少なくなるため地下足袋登山には向いていますので、山道を選択する場合にはその点にも注意が必要です。

地下足袋の商品一覧はコチラ

2015年10月1日 17:12  カテゴリー :地下足袋

関連する投稿はありません