軍手をぞうきん代わりにして楽々拭き掃除をしよう!

2016年1月13日

軍手をぞうきん代わりにして楽々拭き掃除をしよう!

軍手をぞうきん代わりにどうやって使うの?

 掃除をする場合に使用することの多いぞうきんですが、掃除を行なった場合、思ったよりの汚れが落ちない、汚れが落ちにくい場所などの拭き掃除が難しいという問題が必ず出てきます。そのような悩みは掃除をする人誰もが持っているものだと言えますが、軍手をぞうきん代わりに使用するとこれらの悩みが簡単に解決できると言えます。

 軍手と言えば作業などで使用する布製の手袋ですが、この軍手をどうやってぞうきん代わりにするのかといえば、手に軍手をはめてそのままその手でぞうきんの代わりに拭き掃除をするだけという非常に簡単で誰でも出来る方法となります。軍手をぞうきん代わりにした場合、手を使用してそのまま汚れを落とすことが可能なため、ぞうきんではどうやっても汚れが落ちにくい場所などでも簡単に汚れを落とすことが出来ます。

 手に軍手をはめてそのまま拭き掃除が出来るため、目に見えない裏側の汚れなども手の感触だけで落とすことが出来ますし、何よりぞうきんを持つ必要が無く汚れたらその軍手はゴミとして捨てることも可能なため、利便性の面で考えた場合にはぞうきんよりもはるかに便利に使用できるのが、軍手ぞうきんという使い方となります。

軍手でサッシや隙間など細かいところを掃除しよう

 軍手をぞうきん代わりに使用するメリットは、ぞうきんを持つ必要が無いだけではなく細かい部分の掃除が非常に楽に出来ることだと言えます。特にサッシの掃除や隙間の掃除などぞうきんが入り込めない部分の掃除に関しては、軍手をぞうきん代わりに使用するほうが圧倒的に汚れを落としやすくなります。何故なら軍手をぞうきん代わりに使用した場合、細かい部分には指を使用して汚れを掻きだすことが出来ますし、窓のサッシの隙間などは軍手をはめて指をなぞる様に滑らせていくだけで汚れやごみが面白いように取れて行きます。

 軍手を手にはめているため、しつこいこびりついた汚れなども手で擦る様にすれば綺麗に落ちますので、軍手をぞうきん代わりにして細かい部分を掃除すると言う方法は、非常に理にかなっている方法だとも言えるでしょう。隙間は特に掃除しにくいうえに汚れが溜まりやすい場所ですので、ぞうきんを使用して掃除するよりは軍手を使用してぞうきん代わりにするほうが時間の短縮にも繋がります。そのため掃除しにくい場所や細かい場所、サッシなどの掃除に関しては軍手をぞうきん代わりに、広い面に関してはぞうきんを使用すると言った具合に使い分けをすると掃除がはかどるでしょう。

軍手でトイレ掃除をしてみよう

 トイレ掃除と言うのは非常に面倒な掃除だと言えますし、便器の裏側に関してはトイレ掃除用の棒が入り込めない部分となるため、最も汚れがひどく雑菌の温床となり易い部分と言えます。そういった部分の掃除に関しても軍手をぞうきん代わりに使用することでとても綺麗に汚れを落とすことが出来ます。基本的に軍手は布製ですので、汚れが酷ければ軍手に洗剤を付けてこすり洗いが可能ですし、便器の裏側と言った部分に関しても軍手を手にはめて裏側を手で擦れば、簡単に汚れを落とすことが可能となります。洗剤を付けて掃除をした後には乾いた軍手をはめて拭き掃除も可能ですので、濡れた状態でも乾いた状態でも便利に使用できるのが軍手ぞうきんのメリットだと言えます。

 便器をぞうきんを持って手で直接掃除するのはなかなか気が引けると言えますが、軍手をはめることにより手自体がぞうきんの代わりになりますので、細かい部分や隠れた部分の便器汚れも確実に落とすことが可能となります。使用した後は捨ててしまえば衛生的にも問題ありませんし、軍手ですので便器の形に沿って手で汚れを落とすことが出来るため、非常に効率的にトイレ掃除が出来ます。トイレのタンクなども軍手で掃すれば簡単に汚れが落とせますし、パイプなどの複雑な形状にも軍手対応できるので非常に便利だと言えます。

 ただ、軍手を手にはめてトイレ掃除をするのは気が引ける方もいるかと思います。その場合には、使い捨て手袋を下にはめることで素手に水や汚れが付くのを防ぐことができます。使い捨て手袋も、使用後はそのまま捨てることができるので非常に便利なアイテムです。

軍手の商品一覧はコチラ

2016年1月13日 15:16  カテゴリー :作業手袋

関連する投稿はありません