熱中症対策がしてある作業用ヘルメットで暑さを乗り切ろう

2015年9月9日

熱中症対策がしてある作業用ヘルメットで暑さを乗り切ろう

現場の暑さ対策用の作業用ヘルメットを選ぼう

 建築現場や工事現場など、力仕事で働く現場は様々ですが、ほぼすべてのシーズンにおいて、作業現場と暑さは切り離せないものになります。 冬季や雨の多い梅雨時期等はまだ体感温度は下がりますが、梅雨が終わり夏本番が到来すると耐え難いほどの暑さがやってきます。 さらに、現場で働く人は常に作業服を身にまとい作業用ヘルメットを装着しているため、通常の気温よりも体感温度はかなり高くなっていっています。また、作業用ヘルメットの中はかなり蒸れるのでその熱により暑さがさらに上昇します。そのため、作業着や工事ヘルメットのなかにこもる熱気にどのように対処していくかが、暑さ対策において重要になります。

 現場作業中に気をつけなくてはならないのが熱中症です。熱中症にならないための対策として、作業用品にもさまざまな工夫がされています。たとえは、作業用ヘルメットの暑さ対策としては、特殊な塗装なしに熱を遮断し熱気をこもらせなかったり、作業用ヘルメット内の風通しをよくするために通気孔があったりするような商品もあります。

 ヘルメットの構造だけでなく、作業用ヘルメットをかぶるときにインナーキャップや日射カバーをつけることで、熱中症対策にさらなる効果を期待することができます。安全性と暑さ対策を兼ね備えた作業用ヘルメットを選ぶことで、より快適に作業を行うことができます。

作業用ヘルメットに一工夫してより効果的な熱中症対策をしよう

 夏以外でも暑さへの対策が必要な作業現場では、熱中症への対策が重要な課題となります。作業用ヘルメットは頭と密着しているため熱気がこもりやすい作業用品の一つです。熱気を逃すような構造の作業用ヘルメットを選ぶのはもちろん、インナーキャップや日射カバーをつけるなどの工夫も、熱中症対策には非常に効果的です。

 インナーキャップとは、作業用用ヘルメットを装着する前にかぶる、水泳帽のような見た目の帽子です。インナーキャップをかぶることで、汗を吸収し、熱がこもるのを抑えてくれます。インナーキャップの代わりにタオルを頭に巻くことでも、同様の効果が期待できますが、通常のハンドタオル等では厚手のものが多く、逆効果の場合もあります。なので、工事ヘルメットの下に巻く用のタオルを使用することをおすすめします。

 日射カバーは、作業用ヘルメットの後部に取り付けて日差しが首に当たるのを防ぐ商品です。首まわりには動脈が通っていることから、首が温まることにより熱中症のリスクが高まります。日射カバーをつけることで、作業用用ヘルメットだけでは防げない日射しに対処できるのです。

 作業用ヘルメットに一工夫することで、熱中症のリスクを下げることができます。

作業用ヘルメットと合わせ技ですぐにできる熱中症対策

 作業用ヘルメットで暑さ対策をすると同時に、そのほかの作業用用品にも気を配ることで、より快適に暑い現場で作業することができます。

また、冷却ベストを着用することで体を瞬時に冷やすのも、熱中症対策に非常に効果的です。冷却ベストには、冷水を入れるタイプのものや、冷蔵保冷材不要のものまで様々なタイプのものがあります。首まで冷やすタイプの冷却ベストを使用するとさらに効果的です。

 作業していると作業用ヘルメットに次いでむれやすく熱がこもりやすいのは足です。安全靴・作業靴にも暑さ対策がされている商品があります。たとえば、通気孔がついたタイプの安全靴・作業靴は熱を逃がしてくれたり、サイドメッシュタイプのものは熱を逃がすうえに風を取り入れてくれるので強い効果が期待できます。アッパーにメッシュを施している安全靴・作業靴もあります。

 暑さと切り離せない作業現場ですが、熱気や蒸れ等の暑さ対策ができる用品を取り入れることで、熱中症から体を守っていきましょう。

作業用ヘルメットの商品一覧はコチラ

2015年9月9日 15:31  カテゴリー :作業ヘルメット

関連する投稿はありません