安全靴のサイズの選び方と足が痛いときの対策方法

2015年9月14日

安全靴のサイズの選び方と足が痛いときの対策方法

合わない安全靴を履いていると、足にどんなトラブルが起きるの?

 安全靴を選ぶ際のサイズ選びはとても重要です。

 安全靴のサイズが合っていないと、足首やひざに負担がかかってしまって足の痛みの元になってしまったり、正しい歩き方が出来ずに歩き方がおかしくなるために、腰痛や肩こり、足の痺れ、坐骨神経痛などといった症状を引き起こしてしまったりする場合があります。

 また、特に注意が必要なのが外反母趾です。外反母趾は女性のハイヒールが原因といったイメージが強いですが、サイズの合わない安全靴やスニーカーを履いていても外反母趾を発症してしまうことがあります。靴が合っていないために靴の中で足が前後左右色々な方向に動いてしまうことが原因で、足を靴の中で打ちつけてしまい親指や小指の骨が変形してしまうといったことが起こってしまいます。

 また、安全靴のサイズが合っていないと、巻き爪になってしまうこともあります。安全靴のサイズが合っていないために足の親指の肉が盛り上がってしまって、巻き爪になってしまうと歩くことも困難になる場合もあるので、このような症状を発症しないためにもきちんと自分の足のサイズに合った安全靴を選ぶことがとても重要といえます。

自分の足に合った安全靴の選び方

 サイズが合っていない安全靴を履いていると、足の痛みや腰の痛み、そして肩こりといった色々な不調の元になるので、安全靴のサイズ選びはとても重要だといえます。

 自分に最適な安全靴のサイズの合わせ方としては

 ・ まず、普通に立った状態で安全靴の中に足を入れてみて、自分の足に対するフィット感を確かめる

 ・ 次に、足に圧迫感があったり、足の一部が靴のどこかが当たったりする場合は、一回り大きいサイズを選んで再度チェックしてみる。

 ・ 次に、靴紐を締めずに足を靴のつま先のほうに移動させて、踵と靴の間に人差し指が一本程度入る隙間がある状態かどうか確かめる

 ・ そして、自分自身の足の一番幅が広い部分と靴の幅が一番広い部分の位置が靴を履いた状態で一致しているかどうかを確かめる

 ・ 最後に靴を履いた状態で歩いてみて、踵や親指の横辺りに圧迫感がないか確かめる

 といった安全靴の合わせ方の方法を実践してみることです。

 このような方法を実践すれば、安全靴のサイズが大きすぎたり、または小さすぎたりして足を痛めるといったことが無く、自分に最適な安全靴の大きさを選ぶことが出来ます。

安全靴への対策

 足を様々な怪我から守ってくれる安全靴ですが、安全靴を使用する上で対策を取らなければいけない場合があります。

 その一つとしてあげられるのが防寒対策です。安全靴は外での使用がメインですから、冬場にはとても足元が寒くなってしまいます。特に安全靴の先端に指先を守るための鉄板が入っているタイプのものは、冬場では特に靴の中が冷え切ってしまいます。

 靴の中の冷えに対する対策としては、靴の中に入れるカイロを入れて暖めるという方法をとるのも一つですが、カイロは使用時間に制限があるために、長時間の作業になってくるとカイロの暖かさが落ちていき、逆にカイロの中身が固まってしまって寒くなってしまう場合があります。ですから、アウトドアショップで販売されている、防寒中敷や防寒インソールといったものを使用するといいでしょう。

 また、安全靴は仕事で長時間使用するのでどうしても靴の中がむれてにおいが気になってしまいます。このにおいに対しても、中敷を使用して毎回取り替えるといった方法や、2足の安全靴を用意してローテーションで使用して、靴の中をしっかりと乾燥させてあげるという方法を取ることで靴の気になるにおいを防止することが出来ます。

安全靴の商品一覧はコチラ

2015年9月14日 12:08  カテゴリー :安全靴・作業靴

関連する投稿はありません