静電靴を履きこなして静電気防止の対策をしよう

2015年9月28日

静電靴を履きこなして静電気防止の対策をしよう

静電靴・静電安全靴が静電気防止するのはどうして?

 精密機械を製造する工場や、引火の危険を防ぐ必要がある現場で使用される静電靴・静電安全靴ですが、静電気を防止するのは、安全靴の靴自体がアースのかわりになって靴底から電気を床面に逃がしていくため、身体に電気を滞留せず静電気を起こさない構造になっています。

 静電靴は、靴を通して電気を地面に逃がしていく必要があるので、靴自体に電気を通しやすい素材が使われています。革や内装、靴底などに、各メーカーがそれぞれ工夫を凝らして、カーボンなど電気を通しやすい素材を使用しているので、使われている素材が気になる場合は、購入時に確認しましょう。

 静電靴で静電気防止対策をするときには、床の素材が電気を通しやすい構造であるということも重要な要素になります。床面がしっかりと電気を通す場所であれば静電靴を着用すれば、しっかりと電気を逃がしてくれて静電気を防止することが出来ます。

日常から工場作業での静電気防止対策に使える静電靴・静電安全靴

 静電気の発生を抑えて、事故を防ぐことができる静電靴ですが、静電靴・静電安全靴にも種類がたくさんあり、日常生活から工場での作業まで様々な場で活躍しています。

 最近の静電靴は、スニーカーのような形状をしていたり、学校ではく上履きのような形状の商品もあります。工場で使用するような重量感のある静電安全靴だけでなく、事務所での軽作業などで気軽にはくことができる商品もたくさん販売されています。なので、日常生活で静電気が気になる時期には、スニーカータイプの静電靴を履くことで、静電気から身体を守る事が出来るというメリットもあります。

 重作業や危険な作業をするような現場や危険な現場用には、長靴のような形状をした足を大きく保護してくれる安全靴や、ブーツのようなしっかりとした厚手の形状をした静電靴のほが安全性が高いです。静電安全靴を履くことで、静電気を防ぐだけではなく、重たい荷物の落下から足の怪我をすることを防いだり、危険な物質が靴に入ることを防ぐことができます。

 静電靴・静電長靴を選ぶ際には、作業現場の状態や、使用する用途によって、その現場に合ったもの選択することが大切です。おしゃれなスニーカータイプであれば現場だけではなく日常生活にも使用できるので、乾燥したシーズンの静電気対策に履いてみるのもおすすめです。

静電靴・静電安全靴は通販でも購入できます

 静電靴や静電安全靴を購入しようと思った時に、どこで購入できるのかわからないという方もいるのではないでしょうか?一般的に、作業用品の専門店で静電靴・安全静電靴が販売されていますが、どうしても種類やサイズなどが限られてしまいます。そんな時に便利なのがインターネットの通販ショップです。インターネット上には、作業用品を専門的に扱うショップがたくさんあるので、静電靴・静電安全靴もネット通販であれば、幅広い商品のなかから気に入ったものを選ぶことができます。

 ネット通販であれば、場所や時間に関係なくいつでも商品を選ぶことができますし、購入後も自宅まで商品を配送してくれます。どのような静電安全靴を選べばいいのかわからない場合も、商品ごとの性能の違いやメリット・デメリットなども、商品と一緒に紹介されています。価格の面でも、ネット通販で購入したほうが静電靴をお得に買う事ができます。

 グーグルなどの検索画面に、「静電靴 通販」「静電長靴 通販」というキーワードをいれて検索するとたくさんの静電靴を取り扱う通販サイトが検索されるので、静電靴を購入したいと思っている人はネット通販を利用してみるのもおすすめです。

静電靴・静電安全靴の商品一覧はコチラ

2015年9月28日 14:06  カテゴリー :安全靴・作業靴

関連する投稿はありません