安全靴の「樹脂先芯」と「鉄鋼芯」の違いってなに?

2015年9月30日

安全靴の「樹脂先芯」と「鉄鋼芯」の違いってなに?

安全靴の先芯について

 危険な作業現場などにおいて作業の安全を確保するための装備として安全靴があります。

 一般的に、安全靴とはJIS規格をクリアしたJISマークの入った靴をさしますが、現場作業に合わせた仕様の製品も安全靴として販売されています。たとえば、耐電性の高いものや、汚染物質が靴内に入らないように工夫されたもの、足への擦り傷や切り傷を防止する目的のものなど、いろいろな用途に合わせて作られています。安全靴は作業現場ごとにそれぞれに靴の中に工夫が施されているといえますが、その中でも落下物による足の怪我を防ぐタイプの安全靴には、靴の先に先芯とよばれる足の指先を守るためのプロテクターが入ったものがあります。

 先芯があることによって、重い荷物を扱う現場において、万一荷物を落としてしまい足に怪我を負うリスクを軽減させることができます。この先芯に関しては、JIS規格で衝撃に対応できる強度が明確に規定されていて、JIS規格で定められた強度を保っていなければ安全靴と名乗ることが出来ません。また、安全靴の先芯は、昔から鉄製の芯が主流でしたが、最近では樹脂製の先芯も登場しています。先芯の種類によってその強度も異なってくるので、自身が作業する現場に適した先芯を選択することが、事故防止の上では非常に重要です。

安全靴の「樹脂先芯」のメリット・デメリット

 樹脂の先芯を使用するメリットとしては、重さが軽いということが挙げられます。鉄製で出来た芯を使う安全靴は、強度は非常に高くなりますが、とても重たいというデメリットがありますが樹脂で出来た製品では、この重さの問題をクリアしています。また、樹脂製品は鉄のように冷たくなるということも少ないので、鉄芯に比べて靴の中の環境が快適です。

 強度に関しては、JISの規準で安全靴の強度がそれぞれに定められています。樹脂製品の先芯を備えている安全靴では、素材の構造上、非常に危険な作業現場で使用しても安全といわれる強度を確保することが難しく、使用場所は軽作業用に限定されてしまいます。

 樹脂の先芯は、重さでいうと約450キロ程度の重さまで耐えることが出来る性能があるといえますが、重たい車両などにひかれただけでこの程度の重量は超えてしまう場合があるので、足のダメージを軽減する能力に関しては、十分ではありませんでした。最近では、1トンクラスの重量に耐えることが出来る製品も販売されているので、このような製品を使用すれば、軽量かつ安全性も高めることが可能ですが、鉄芯までの強度には至っていないのが現状です。

安全靴の「鉄鋼芯」のメリット・デメリット

 安全靴に古くから用いられている鉄鋼芯ですが、この先芯のメリットはなんと言ってもその強度にあります。重さ約1トンまで先芯の上に置かれてもつぶれないという非常に強度が高いことから、危険な作業を伴う現場においては、樹脂性の先芯よりも安全性の高さが確保されているといえます。

 高い安全性能が非常に魅力な鉄芯ですが、デメリットとしては、鉄を使用するためにどうしても重くなってしまうという事です。靴に重さがあるので移動するたびに足に負担がかかってしまいますし、素早い動きをとりにくいので動き回る現場では負担になってしまうといった場合があります。

 また、鉄を使用するために、冬場では冷気によって靴の中がとても冷えてしまうといった問題があります。外気温に影響されて靴の先端部分が冷えてしまうので、外での長時間の冬場の作業では、足先が冷えすぎてしまうので、靴の中の寒さ対策が必要になる場合があります。また、履き心地に関しても鉄板が入っているので、歩いていると鉄板に足が当たったり、足の先端を曲げにくかったりするので、足の痛みが出てしまうケースもあります。しかしながら、デメリットを凌ぐ安全性能を備えているので、危険な作業現場では鉄芯が使用されているケースが多いです。

 安全靴を選ぶ際には、自身の作業内容に合わせた安全靴を選択し、作業の効率を上げつつ安全に作業をしましょう。

安全靴の商品一覧はコチラ

2015年9月30日 10:54  カテゴリー :安全靴・作業靴

関連する投稿はありません