トップページ > バイク&四輪 > アパレル用品 > バイクグローブ

トピックタイトル

当店のおすすめ新商品バイクグローブ



 ネットショップ「まもる君」、バイク用グローブ専門店へようこそ。当店ではメッシュグローブやレーシンググローブ、レザーグローブなど、あらゆるタイプのバイク グローブを取り揃え、防水グローブや防寒手袋、電熱グローブなど春夏秋冬を快適に楽しんでいただける手袋を、メンズ、レディースともに幅広いサイズから選んでいただけるよう、様々なお客様に満足いただける店舗作りを目指しております。

 グローブは、ヘルメットと同様にバイクを運転する際に不可欠なアイテムです。自転車同様、オートバイでも転倒時にライダーは路面へ反射的に手をつきます。そのため、レーシンググローブなどは、転倒時に路面に手をつくと思われる箇所には金属製の鋲が配置されているほどです厳重に作られています。転倒時にグローブを付けていない場合、手はザラザラの路面に直接擦り付けられるので、間違いなく怪我をするでしょう。しかしながら、バイク用ヘルメットの着用は法律で定められていますが、グローブの着用は個人の判断に任されるので、ときどき着用していない人も見受けられます。ですが、事故や転倒時のダメージを少しでも考えるなら、必ず着用することをおすすめします。

 安全面以外でもライディンググローブを着用する意義は大いにあります。まず、ブレーキやクラッチ、ウィンカースイッチなどが操作しやすくなります。オートバイはこれらのレバーやスイッチ類が外に出ていますが、そのために作りが堅牢で、操作にもある程度の力が必要です。たとえばウィンカーのスイッチでも、グローブを使わずに何度も操作すると、おそらく指に跡が残るでしょう。また、クラッチ操作が必要なオートバイでは、グローブ無しでクラッチレバーを操作すれば、指の皮が擦れて炎症を起こす可能性があります。丈夫なグローブを着けることによって、このような事態は回避できます。

 さらに、ライディンググローブをしていれば、長距離のライディングでも疲れにくくなります。これは、レバーやスイッチ類が操作しやすくなるのとは別で、風の影響を受けにくくなるからだと思われます。バイクの運転は、風の影響をかなり受けてしまいます。走行すれば前から風が来るのは当然ですが、その風はクルマの排気ガスや舞い上がった路上のチリ・ホコリなどをライダーにぶつけてきます。グローブを着用することによって、それらの衝撃が軽減されるだけでも、疲労度は大きく違ってきます。

 ライディンググローブの素材としては、やはり皮製がおすすめです。革のグローブは、使うほどに使う人の手の形に馴染みます。サイズが合っていれば、多少突っ張るような箇所があっても、使ううちに革が伸び手にフィットしてきます。革のグローブには色落ちするものがあります。特に、内側にまで色の付いた革手袋で内側に色が付いた革を使用している商品は、色が手に移る可能性があります。購入の際には、この点に留意しましょう。

 夏用のバイクグローブとしてオススメなのは、オフロード用のメッシュグローブです。オンロードモデルに乗っていても、夏だけオフロード用のメッシュタイプを使う人は多いです。逆に冬場なら、電熱線が入った電熱グローブがオススメです。冬用にはウィンターグローブがありますが、電熱グローブの方が温かいです。電熱グローブで手が暖かくなると、冬のライディングでも肩が凝らなくなります。そして、運転に余裕が生まれて、より安全なライディングができるようになります。夏も冬も、きちんとした装備を選べばオートバイの運転は楽しいものです。しっかしたアイテムを選んで、バイクライフを安全に楽しみましょう。

 バイク ブローブは通販で購入することができます。お店に並んでいるバイクグローブは種類が限られてしまいますが、「まもる君」のバイク用グローブ 通販なら多くの種類のグローブの中から、自分の好みや使用用途に合わせた適切なバイク用品を選択することができます。初めてグローブを選びたい方から知識の豊富な方まで、多くのお客様に当HPをご利用いただけるよう、「グローブの選び方」や、お客様が書き込める各商品毎のレビューページ、ツーリングに便利なライダーハウスの紹介ページ等も設けておりますので、様々な情報交換、発信の場としてもご利用いただければ幸いでございます。自身の身を守る大切なモノだからこそ、妥協のないアイテム選びをしていただけるように、まもる君では日々商品数、取り扱いメーカーの拡大に励み、お客様にとってより良い店舗作りをしていくことをお約束致します。当HPへのご要望や、商品についての疑問点等ございましたら、メール又はお電話にてお気軽にお問い合わせくださいますよう、宜しくお願い致します。