トップページ > 作業手袋 > ゴム手袋・ビニール手袋 > ゴム手袋・ビニール手袋の選び方

ゴム・ビニール手袋の特徴と選び方

ゴム手袋/ビニール手袋には色々な特徴があり用途も色々です。
材質や厚み、裏布や裏毛の有無・・・

大切な手肌をまもるためにも用途に合った手袋を選んでいただきたい。
そんな思いから、それぞれの特徴を紹介しながらあなたの手袋選びをお手伝い致します。

※使いきり手袋はコチラへ。


【素材】

ゴム手袋は、天然ゴム製と合成ゴムであるニトリルゴム製の2種類。ゴム素材のほかに、塩化ビニール製、ポリウレタン製の手袋があり、素材の特徴により用途も異なります。

(クリックすると各素材の特徴の詳細説明に移動します)

純綿軍手の特徴

純綿軍手の特徴

純綿軍手の特徴

純綿軍手の特徴

【裏布や裏毛の有無】

同じ素材でも、裏布付き、裏毛の有無でそれぞれ特徴があります。

裏布付き

繊維製の手袋全体に樹脂やゴムなどをコーティングした手袋。
素材を厚めにコーティングできるため耐久性が高く、ハードな作業に適しています。


裏毛の有無

裏毛とは、樹脂やゴム製の手袋の内側に植毛した繊維のこと。

・裏毛あり→着脱がしやすい、肌触りがソフトで温かい。
・裏毛なし→裏毛がない分薄手になり、手にフィットして作業性が高い。

※裏毛なしの手袋でもクロリネーション加工(塩素処理)や特殊皮膜加工を施して着脱がしやすくされているものもあります。


 

【食品衛生法適合品】

食品衛生法適合品とは、食品衛生法に基づいた厚生労働省の告示「食品・添加物等の規格基準(厚生労働省告示第370号)」に適合した製品のことです。

食品の調理・加工など食品衛生法下での作業にご使用される場合は「食品衛生法適合品」からお選びください。


 ☆平成18年3月度の食品衛生法改正により、可塑剤にフタル酸エステルが使用されている塩化ビニール手袋は食品の調理や加工に使用することは禁止されています。ご家庭でも、食品に直接触れる作業にご使用される場合には「非フタル酸系エステル可塑剤使用」の製品をお選びください。

※食品衛生法適合の使いきりタイプはコチラ


 

天然ゴム手袋画像

環境に優しい天然ゴム(NR)素材の手袋。やわらかく、低温でも硬くなりにくいのが特徴。

メリット

  • やわらかく、しなやかな使い心地
  • 手の動きにフィットしてなじみやすく疲れにくい
  • 低温でも硬くならない
  • ビニル手袋に比べて熱や引き裂きに強い(耐熱温度/100℃)
  • 燃やしても塩素性のガスを発生せず、地中でも微生物に分解される地球に優しいエコ素材

デメリット

  • 油や溶剤に弱い
  • ラテックス(天然ゴム)アレルギーなどの体質によってはかゆみ、かぶれ、湿疹を引き起こすことがある
  • ※使用に不安がある場合には下ばき用手袋の着用をオススメします。
     脱タンパク処理した低アレルゲンのゴム手袋もあります。

用途

  • 洗濯、炊事、掃除、洗車、ガーデニングなど家庭での作業全般から
    農業、漁業、水産、土木・建設業など幅広くお使いいただけます
    ※ただし、作業用途は商品の特性により異なることがあります。
ニトリルゴム手袋画像

ニトリルゴム(NBR)とは主要な合成ゴムの一種。アクリロニトリル含有量によって特徴と物性が異なり、含有量の多い高ニトリルタイプの方が耐久性と耐油性は高くなる。

メリット

  • 耐油性、耐薬品性、耐突き刺し特性に優れている
  • 天然ゴム素材を含まないのでアレルギーの問題がない
     ※但し、成形時の添加剤によってアレルギーを引き起こす場合もあります
  • 破れにくいので異物混入を避けたい現場に適している
  • 天然ゴムよりも熱に強い(耐熱温度/120℃)

デメリット

  • 天然ゴムに比べて柔軟性に欠ける
  • 天然ゴム手袋に比べて価格が高い

用途

  • 洗濯、炊事、掃除、洗車、ガーデニングなど家庭での作業全般
  • 食肉加工、水産加工、農産加工などの食品を取り扱う作業
    (破れにくいので異物混入リスクが低い)
  • 理化学検査、精密機械のメンテナンス、医療、介護など薬品を取り扱う作業
ビニール手袋画像

ビニール手袋とは、塩化ビニール樹脂またはポリ塩化ビニル製の手袋のことで「塩ビ手袋」と呼ばれることもある。
耐油性があるため工業用にも多く使われる。

メリット

  • 耐油性、耐摩耗性、耐候性に優れていて劣化しにくい
  • においが少ない
  • 他の素材に比べて安価である

デメリット

  • 熱や引き裂きに弱い(耐熱温度/60℃)

用途

  • 洗濯、炊事、掃除、洗車、ガーデニングなど家庭での作業全般
  • 機械工業、自動車関連業など薬品や油を取り扱う作業
  • 「食品衛生法適合品」に限り食品加工作業にもお使いいただけます
ポリウレタン手袋画像

ポリウレタンは、天然ゴムやニトリルゴムよりも柔らかく弾力性があるのが特徴。耐溶剤性、耐摩耗性に優れています。

メリット

  • 耐溶剤性、耐摩耗性に優れている
  • においが少なくて軽い

デメリット

  • 他の素材に比べて価格が高い
  •         
  • 酸、アルカリに弱い

用途

  • 溶剤を取り扱う作業
  • 農業、水産、漁業など
現在登録されている商品はありません