S種 普通作業 安全靴・作業靴・セーフティシューズは品揃え日本最大級の作業安全靴通販専門店まもる君

お知らせ
【新型コロナウイルスの影響に関して】
現在使い切り手袋及び近似するゴム製品に関して非常に多くの注文を頂いておりまして、メーカーより出荷制限がかかっている状態でございます。不定期に入荷をしてきており、順次出荷をさせていただいておりますので何卒ご容赦を賜れますようお願い申し上げます。

トップページ > 安全靴・作業靴・長靴・地下足袋 > JIS規格 > S種 普通作業

JIS規格/JIS T 8101/安全靴/S種・普通作業用

【作業区分(等級)】

耐久性の差により3つの作業区分に分かれる

● H種・・・重作業(鉱山作業や鉄鋼・造船作業の一部)
● S種・・・普通作業用
● L種・・・軽作業用
※労働環境の整備が進み、H 種(重作業用)が必要な職場環境は減少しているため、近年ではS種およびL種の使用が多い。


【付加的性能】

安全靴の必須性能項目以外の付加的な性能についての規格で、それぞれの性能規格を満たした場合にはその性能を表す記号が付与される。

● 耐踏抜き性(P)・・・くぎ貫通時の力が1,100N以上
● かかと部の衝撃エネルギー吸収性(E)・・・吸収エネルギー20J以上
● 足甲プロテクタの衝撃吸収性(M)・・・最低部の高さ25mm以上
● 耐滑性(F)・・・靴底の動摩擦係数が0.20以上


【甲被による種類】

革製(牛革)、総ゴム製(耐油性ゴム、非耐油性ゴム)


◆当店でのJIS規格品の表示◆
 例:JIS T 8101合格品/S種E/革製
→ 革製の普通作業用JIS規格品で、かかと部の衝撃エネルギー吸収性基準をクリアしている



39 件中 1-39 件表示 











39 件中 1-39 件表示