作業服のQ&A集 作業服 作業着 ワークユニフォームは品揃え日本最大級の作業用ワークウェア通販専門店まもる君

トップページ > アパレル・作業服 > 作業服のQ&A集

作業服のQ&A集

Q.

薄手の作業服は売っていますか?

A.

綿100%の薄手の作業服から夏向きの化繊のものまで豊富にとりそろえています。

ご希望のものがありましたらお気軽にご相談ください。

Q.

作業服に使われる素材はどのようなものがありますか?

A.

作業服に使われる素材はさまざまで何種類もの繊維を組み合わせて作られている場合が多いです。

主に使用される繊維は【綿】【ポリエステル】【ナイロン】です。メーカー独自技術による繊維を使っている場合もございます。ぜひ作業服を選ばれる際のご参考になさってください。

Q.

作業服の機能はどのようなものがありますか?

A.

見た目はどれも同じように見える作業服ですが本当にたくさんの機能があります。

たとえば、伸縮素材でストレッチ性に優れておりノビノビ快適な機能や、速乾性・吸汗性抜群で暑い夏の日でも汗や、ムレ・ベトツキの対策ができたり、通気性を重視してメッシュ素材の加工など他にもたくさんの機能があります。

メーカー独自の技術による機能もありますので作業される内容により快適に作業できる機能をお選び下さい。

Q.

カラー展開はどのくらいありますか?

A.

どんな服でもオシャレを楽しみたい気持ちはありますよね。当店で取り扱いしている作業服は幅広くカラー展開されており、定番カラーはもちろんのこと、明るいパステルカラーや落ち着いた色合いまでカラー種類を豊富に取り揃えております。

ぜひお気に入りの一着を見つけてオシャレを楽しんで下さい。

Q.

化学繊維と天然繊維の違いはどのようなものですか?

A.

天然繊維と化学繊維の違いとのことですが、天然繊維は「植物や動物を原料とする繊維。」で、化学繊維は「化学的な合成や加工によってつくられる繊維。」となります。

天然繊維は、植物繊維(綿・麻)、動物繊維(ウール・シルク)があります。

化学繊維は、再生繊維(レーヨンなど)、合成繊維(ナイロン、ポリエステル、ポリウレタンなど)があり種類もたくさんあります。

使用する繊維により印象も変わるので着心地の合うお気に入りの一着をお選び下さい。

Q.

油汚れが頑固で綺麗になりません。何か綺麗にする方法はありませんか?

A.

頑固な油汚れは嫌だし気になりますよね。作業服の汚れを落とす方法ですが、機械油の汚れは油性なのでベンジンを使用(クレンジングオイルも可)して、機械油の汚れの下にタオルを敷き優しく叩きながら落とします。汚れが落ちたら水で洗い流し、洗濯機で洗い流せば綺麗になります。

時間のたった油汚れはなかなか落ちないので汚れ部分に粉末洗剤をお湯に溶かし漬け置きをし、軽く手で揉みほぐすなども汚れが落ちやすくなるかと思います。また、石鹸を汚れ部分に塗りこみしばらく置いてからお湯で手洗いすると落ちることもあります。ぜひご参考にしてください。

Q.

縮みにくい素材の作業服はありますか?

A.

縮みにくい素材をお探しのようですが、現在はさまざまな素材がありどれがいいのか迷ってしまいますよね。

縮みにくい素材は「綿」「アクリル」「ポリエステル」などがあります。逆に縮みやすい素材は「レーヨン」や「ウール」素材を使っている服は縮みやすいのでおすすめできません。

当店で取り扱いしている作業服は縮みにくい素材を使用した作業服も豊富に取り揃えておりますのでぜひご検討くださいませ。

Q.

透けることなく速乾性のあるインナーはありますか?

A.

インナーが透けてしまうのは嫌ですよね。速乾性があり、透けにくい素材をお求めとのことですので、通気性のいいポロシャツや綿100%で作られたTシャツをオススメいたします。

当店で種類豊富に取り揃えておりますので一度ご覧くださいませ。

Q.

作業現場で鉄粉や油などが作業着に付きます。洗濯機で洗うと故障の原因になりますか?

A.

鉄粉は水には溶けてくれませんので、洗濯槽の底に沈殿してしまい洗濯するたびに他の洗濯物に付着して洗濯槽や他の衣類にダメージを与える可能性があります。

油汚れも他の衣類へ移ってしまう可能性があるのでオススメはできません。

洗濯機で洗う前に一度掃除機で鉄粉を吸ったり手で払ったりして、できる限り鉄粉を払い落としてから少し熱めのお湯に作業着用洗剤または粉末洗剤を溶かして浸け置き洗いをし、軽く手洗いをしてから水で洗い流し、洗濯機で洗うことをオススメいたします。

Q.

作業服を裾上げしたいのですが裾上げ加工はできますか?

A.

大変申し訳ございません。当店では作業服の裾上げ加工は現在行っておりません。

Q.

汗の臭いなどスッキリ落とす方法はありますか?

A.

いや〜な汗の"臭い”気になりますよね。臭いの原因ですが、洗濯しても臭いの元となる皮脂や汗のたんぱく汚れが十分に落ちていないからと思われます。

臭いをスッキリ落とす方法ですが、粉末タイプの酸素系の漂白剤に、洗面器やバケツなどで浸け置き洗いをします。水ではなく必ず『お湯』(50度くらいの熱め)を使用して浸け置きをし、その後洗濯機で洗濯をすることで臭いが落ちやすくなるので是非ご参考にしてください。

Q.

作業服にボールペンのインクがついてしまいました。落とす方法はありませんか?

A.

作業服についてしまったボールペンのインクを完全に落とすことは大変難しく、インク染みがさらに広がってしまう可能性がありますので、お手数ですがクリーニング店など専門店へご依頼されるほうがよろしいかと思います。

Q.

ムレにくい作業着を探してますが綿とポリエステルではどちらがいいですか?

A.

綿素材かポリエステル素材で迷われてるようですが、素材だけでなく加工の仕方により通気性が良くなりムレにくい作業服もあります。

メッシュ加工や吸汗速乾加工など通気性を重視している作業服もたくさんありますのでおすすめです。当店でも幅広く取り扱いしておりますのでぜひご利用くださいませ。

Q.

着脱のしやすいツナギはありませんか?

A.

着脱しやすいツナギ服をお探しとのことですが、ジーベックより販売されてる【楽脱ファスナー】付きのツナギ服をオススメします。

楽脱ファスナーは脱ぎにくかったツナギの肩部分にファスナーがついており、着脱が簡単になった作りとなっているので非常に便利でオススメです。

Q.

冷凍庫内での作業に適した作業服はありますか?

A.

寒い場所での作業になりますので防寒作業服の着用をオススメいたします。

インナーがフリース素材になっていたり、アルミキルト加工されて内側が熱を逃がさない暖かい作りになっていたりと、防寒対策がされている作業服を多数ご用意しておりますのでご参考にお選びくださいませ。

Q.

夜間の作業に向いてる作業服はありますか?

A.

夜間や暗い場所での作業は視界が悪くなるので怖いですよね。暗闇でも目立つ反射材が付いている作業服の着用をオススメします。

視認性を高めた反射材を使用しているので、車が通ってきてもヘッドライトの光に反射して目立つので夜間や暗い場所でも安心して作業することができます。